Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘ゲーム’

Pinball Crystal Caliburn II for iOS、App Storeで発売開始!
http://itunes.apple.com/jp/app/pinball-crystal-caliburn-ii/id533037359?mt=8

Read Full Post »

クリスタルカリバーン2 for iOS、7月20日発売決定です!我こそは誠のピンボールマニア、という方、ブログなどにCC2のレビューを書きませんか?真のピンボールラヴァーに優待キーコードを差し上げます。ご希望の方はlittlewing@post.email.ne.jp にメッセージをお送りください。ご応募お待ちしております!

Read Full Post »

Image

クリスタルカリバーン2のプレイフィールド用イラスト最後の一枚はエンゼルのセイントミカエルさん。私はイラストはペンとインクで描きます。長いことコンピューターでグラフィックを作って来ましたが、ペイントソフトでドローイングするのは好きじゃない。でも色を塗る時はアンドゥがあって、汚れもつかないので便利ですね。ペンとインクでカリカリと描いたドローイングをスキャンしてMacで色を塗りました。これからレイアウト。プレイフィールドのデザインはもうすぐ完成です。ーレイコ

Read Full Post »

プレイフィールドのモデリングとテストレンダリングが数日前にやっと終わり、これからフジタ君が台に火を入れます。動くようにするのです。

私はプログラム用の本番のレンダリングと、バックパネルなどの他のグラフィックに着手。だいぶ終わりが見えてきましたよ〜。

- レイコ

Read Full Post »

ここ2週間ばかり型作りに没頭していましたが、やっと釜入れして現在は徐冷中。ガラスは溶かした後特性に応じたプログラムでゆっくり温度を下げないと割れてしまうので、昨日最高温度の820度で溶かして現在は481度でキープ中。室温まで下げるのまであと3日くらいかかります。初めて使う釜なので、どのくらいで温度が下がるかはやってみないとわからない。

ここに至るまでの道のりをたどってみましょう〜。下の図は出来上がったワックス型にワックスを注ぎ、アシスタントのフジタ君が一生懸命回そうとしているところ。

熱々に溶かしたワックスがシリコン型に均一につくように回しつづけないといけないのですが、8キロ以上あるので私には無理なのでございます。

ワックスが固まるまで待ちます。青いのは冷えて型から出したワックス原型。

ワックスをカットして石膏型を作ります。

そして型にガラスを詰めます。

一年ぶりの一メートル級の電気炉。棚を組んでガラスを詰めた型を19個セット。これから火を入れるところです。

どんなのが出てくるかな〜

-Reiko

Read Full Post »

昨日アリアドネのシリコン取りが終わったのですが、昨日までは寒くてシリコンがなかなか硬化せず、しかたなく石油ストーブの芯をカットして掃除、リストアして暖房再開。あまりに寒いといつまででも固まらないのです。上の図は、高価なシリコンを節約するために薄い層にして、石膏でバックアップを作ったところ。石膏があまりにもうまく塗れて思わずにっこり。

レストアした石油ストーブ一号。15年くらい前にディノスの通販で買った船のランタンとか作ってる会社が作ったランプ型ストーブ。買った当時は全身真鍮製なだけに黄金のようにぴかぴかだったのであります。今の家は暖房が全部電気なので、ひさびさに引っぱりだしました。やっぱり裸火を見てると気持ちが和みます。

そしてこいつは筋金入り。30年超のおじさまですが、スエーデンポッドというスエーデン製の憎いやつ。スタンドとカバーがとてもヘヴィデューティ&セーフでございます。小さい子供がいても大丈夫。対震装置も完備。今見てもデザインもなかなかかっこいいと思います。

なにがすごいって、このストーブで焼き芋を作るとこれがめっちゃうまいんですよ。子供のころよく母がアルミホイルにつつんだ芋を焼いてくれました。焼けるといい匂いがただよって、幸せな気持ちに。懐かしいなあ。

最近オール電化とかいって、台所すらも火のない家があるらしいですが、そんな場所で子供を育ててると何代か先には猿に戻ってしまいそうですね。人間は火を扱ってなんぼ。だと私は思います。炎を見つめているときの安堵感、久々に堪能しました。今の家はとても快適だけどちょっと退屈。田舎でターシャ・テューダーみたいに暮らすというのは夢の一つです。かまどのある家で自給自足、何でも手作りの生活。いいなあ。いやしかし富山だったらその気になればできますね。やってみようかしら。

=Reiko

Read Full Post »

今日はプレイフィールドに描かれるキャラクターがどんな感じでデザインされてるのか紹介しましょう。

これはミノタウロスです。下書きを清書して、線書きにして、色をつけてこのとおり。

今はプレイフィールド中央でふんぞり返っています。

今はイラストをレイアウトしてレンダリングしてイメージを作っているところ。ライティングは現実世界で写真撮影するのと同じようにとても重要。光の当て具合で全く違う絵になってしまうので毎回時間をかけるところです。

-Reiko

Read Full Post »